宇宙・電磁環境研究センター

研究集会_2015

第四回 宇宙・電磁環境研究センター研究集会

日時: 2015 年 12 月 25 日
場所: 電気通信大学 東 3 号館 マルチメディアホール 301 号室 - 地図の27番の建物

【第 1 部】
10:00-10:10 唐沢好男(電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター長)
       研究集会の趣旨説明および宇宙・電磁環境研究センターの現状について
10:10-10:25 石上 忍(情報通信研究機構電磁波計測研究所)
       TEMセル型伝導妨害測定装置を用いたパワーコンディショナからの電磁雑音の測定
10:25-10:40 西谷 望(名古屋大学宇宙地球環境研究所)
       SuperDARN HF レーダー受信専用機による中緯度電離圏ダイナミクスの研究
10:40-10:55 肖 鳳超(電気通信大学情報理工学研究科および宇宙・電磁環境研究センター)
       シーケンシャル・サンプリングに基づく高速近傍電磁界計測
10:55-11:10 津田卓雄(電気通信大学情報理工学研究科)
       共鳴散乱観測による金属原子層・金属イオン層の動態研究
11:10-11:25 酒井 剛(電気通信大学情報理工学研究科および宇宙・電磁環境研究センター)
       電波観測で探る大質量星形成過程 
11:25-11:40 高田直樹(東海大学大学院工学研究科), 上 芳夫, 肖 鳳超, Majid Tayarani, 村野 公俊
       BCI 試験法に関する理論的検討

【第 2 部】
13:00-13:20 毛塚 敦 [招待講演](電子航法研究所), 齋藤 享, 吉原 貴之
       石垣空港における GBAS VDB の滑走路面上覆域評価
13:20-13:35 冨澤一郎(電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター)
       HFD 観測による Es 垂直構造の解析
13:35-13:50 坂井 純(電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター)
       HF ドップラー 11 年間の受信記録で見る電離層の周期変化とデータの可用性評価
13:50-14:05 中田裕之(千葉大学大学院工学研究科) 
       HF ドップラー・GPS-TEC 観測における自然災害に伴う電離圏変動
14:05-14:20 芳原容英(電気通信大学情報理工学研究科および宇宙・電磁環境研究センター)
       多周波稠密電波観測による地球環境の監視と予測
14:20-14:35 松村 充(国立極地研究所)
       波動による大気・海洋・固体地球の結合
14:35-14:50 安藤芳晃(電気通信大学情報理工学研究科および宇宙・電磁環境研究センター)
       VLF/LF 帯大地-電離層導波管伝搬の数値解析
14:50-15:05 石井 守(情報通信研究機構電磁波計測研究所宇宙環境インフォマティクス研究室)
       電波伝搬に関わる近年の動向

15:05-15:20 休憩

【第 3 部】
15:20-15:40 鈴木 臣  [招待講演](愛知大学)
       中間圏重力波観測用小型大気光カメラの性能評価
15:40-15:55 菊池 崇(名古屋大学宇宙地球環境研究所)
       HF Doppler sounder により観測される中緯度電離圏電場の夕方異常
15:55-16:10 橋本久美子(吉備国際大学)
       Halloween イベント時のグローバル Pc5 地磁気脈動にともなう中緯度電離圏電場
16:10-16:25 田口 聡(京都大学理学研究科), 岡野雄一
       カスプ F 領域における鋭いプラズマ密度構造の生成
16:25-16:40 細川敬祐(電気通信大学情報理工学研究科および宇宙・電磁環境研究センター)
       赤色大気光観測による電離圏の研究
16:40-16:55 高橋 透(電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター)
       数値解析シミュレーションを用いたポーラーパッチの微細構造の研究
16:55-17:10 冨澤一郎(電気通信大学宇宙・電磁環境研究センター)
       菅平宇宙電波観測所施設紹介及び施設利用研究実施方法

17:10-17:30 総合討論(司会: 細川敬祐)

18:00-20:00 懇親会